指輪紹介サイト

オススメの結婚指輪、婚約指輪のご紹介です。

指輪

結婚指輪と婚約指輪の違いとは

婚約指輪
結婚を決意する際、愛する人へ贈る指輪。
男性はもちろん、女性からでもプロポーズの際に指輪を贈ることが多いと言います。

「結婚指輪と婚約指輪って何が違うの?」

そう聞かれてすぐ答えることが出来なかった私。
そういえば結婚指輪と婚約指輪はどう違いがあるのでしょうか。

両方同じじゃないの?

と思って調べてみると全然違いました…
ここでは結婚指輪と婚約指輪の違いについて知っておきましょう。

結婚指輪って何でしょうか

結婚の証として、男女ともに日々身に付ける指輪の事を言います。
英語で言うとウェディングリングです。

結婚式の時に、夫婦になった2人が交換をするペアの指輪を指します。
この結婚指輪は一般的にプラチナや金でできたものが多いようですが、特に決まりは存在しませんので、2人が自由にデザインや素材を決めることができます。

結婚をした証として付けられるこの結婚指輪は、左手の薬指に付けられることが多く、結婚後でも日常的に付ける指輪です。
宗教や国の問題で、右手の薬指に付けられることがあるようですが、ほとんどが左手の薬指です。

指輪は付ける指ごとに意味が決まっていますので、一度御覧ください。

では婚約指輪って何でしょうか

婚約する時に贈る指輪で、主に男性から女性に対して贈られる指輪を指します。
英語で言うとエンゲージメントリングです。よくエンゲージリングと呼ばれている指輪はほとんどが婚約指輪を指します。

婚約指輪を受け取った女性は「これから結婚するんだ」と心のなかで実感できますよね。

よくドラマや映画でプロポーズのシーンなんかでプロポーズの言葉とともに指輪を指にはめるシーンがあるかと思いますが、まさにその指輪のことなんです。

今ではこの婚約指輪をプロポーズ後に一緒に買いに行くというケースがあるようです。
ダイヤモンドの婚約指輪が選ばれることが多いようですが、こちらも結婚指輪同様に決まりはありません。

この2つの指輪の値段相場は?

値段より2人の気持ちのほうが大切かとは思いますが、それでも気になるのは値段です。
結婚指輪の方が、婚約指輪より値段が低いことが多いですが、思い入れのある指輪ですので、デザインや素材にこだわっているとどうしても値段が高くなってしまします。

結婚指輪では平均10万円で、これは男女共通の値段ですので、2人が買えば合わせて20万円程でしょうか。
そして妻側は夫よりも比較的値段の高い結婚指輪を選ぶ傾向があるようです。

妻の方が装飾性の高い指輪を選んでいるためではないかと考えられますね。

そして婚約指輪の相場ですが、平均33万円とされています。
あくまでも平均価格ですので、この値段ではダメというわけではありません。
ですが結婚指輪より婚約指輪の方が値段は高くなるというのが事実です。

…お世辞にも安いとは言えませんね。
どうしても婚約指輪の値段を抑えたい!という方はどうすれば良いでしょうか。

実は婚約指輪を手作りするという方法があるんです。

婚約指輪の購入費用を安く抑えたいという考えを持つカップルが多くなってきたことが理由で、婚約指輪を手作りするカップルが増えてきたということです。

メリットとしては
・費用を抑える
・世界に一つだけのオリジナル指輪にできる。

費用も安くできるうえ、2つとない指輪にできるので、贈る婚約指輪としては最高の指輪となるでしょう。

デメリットは
・時間と日数がかかる

くらいでしょうか。手作りですのでやはり時間がかかってしまいます。
日数もそれなりにかかるので、事前に製作期間を確認して計画的に行っていく必要があります。

-指輪
-, , , , , , ,