指輪紹介サイト

オススメの結婚指輪、婚約指輪のご紹介です。

指輪を恋人にプレゼント!知っておくべき知識をまとめました。

指輪の画像

プレゼントで彼氏彼女が喜ぶ指輪は何でしょうか?

どんな指輪をプレゼントすれば喜んでくれるんだろう? …と迷われている方は結構います。

クリスマスプレゼントを贈る場合や、誕生日プレゼントやバレンタインデー、ホワイトデーなど、恋人に贈るプレゼントとして一番代表的なプレゼントは「指輪」ですね。
一番相手に思いを伝えることができて、とても喜ばれるプレゼントです。
ですが、どのブランドの指輪が人気なのか、またそのブランドの中でどの指輪を選べば良いのか、できるだけ値段を抑えたいなど、プレゼントをする上で気になる点はいくつも出てくるかと思います。

そこで、指輪紹介の記事を見て頂く前に、指輪についての必要な知識をお伝えしようと思います。

30分ほどお時間に余裕がある場合、読んでいただければ幸いです。

まず彼氏、彼女の好みをリサーチしましょう。

もし、あなたの「彼氏」「彼女」が、定番のブランドが好きな場合は、どんなプレゼントが良いでしょうか。もしデザイン重視でブランドはあまり意識しないなら、どうすればよいでしょうか。
というように、その人によって好みが分かれてきます。

プレゼントをするならまずリサーチをすることからはじめましょう。

普段から相手の服装や、身につけているアクセサリーを見て、何気なく聞いてみましょう。ここで一方的にこちらのセンスで良い指輪を決めてしまい、いざプレゼントした場合に喜んでくれなかったどうでしょうか。
そういったことがないように、まず綿密にリサーチすることが重要です。

指輪のサイズはどうすればよいでしょうか。

指輪をプレゼントする際、一番重要なのが指のサイズです。

指輪のサイズが合わなければ意味がありません。ですので、指のサイズは事前に調べなくてはなりません。

 

が、どうやって恋人に聞けば良いのでしょうか。完全にサプライズとしてプレゼントする場合は、ストレートに指輪のサイズを聞いてしまうのはナンセンスです。

できるだけさり気なく聞くようにしましょう。

方法としては、買い物中にアクセサリー店に何気なく立ち寄り、雑談の中に指輪のデザインの好みや、好きなブランドなど入れて聞いてみましょう。

もちろん一緒に指輪を付けて、指のサイズを聞くことを忘れずにしましょう。立ち寄ったお店の店員さんに、「指のサイズを測ってもらえませんか」と聞くのも全然ありでしょう。

普段に恋人と家でマッタリしている時にも、アクセサリー通販のサイトを見て何気なく聞くのもいいですね。

 

どうしても聞く機会が無い場合は、恋人と一晩過ごした時、相手が寝ている時にコッソリと測ってみたりするのはどうでしょうか…?

簡単な指輪のサイズの測り方

コッソリと測る場合もそうですが、アクセサリー通販サイトで購入される際は、誰かに測ってもらうことはできません。

もちろん自分で調べて、サイズを測る必要があります。
指輪のサイズは、リングの円周で決まるのですが、本来はアクセサリー店などで「リングサイズゲージ」を使って計測します。

もちろん計測してもらう方が良いですが、「糸」と「ものさし」で簡単に測ることができます。ここではその手順をご紹介します。

  1. 用意するもの
    ・伸縮性の無い 糸 または 紐
    ・モノサシ ミリ単位で測れるもの
    ・マジック 糸に印を付けるため
  2. リングを付ける指の「一番太い部分」が計測箇所ですので、用意した糸を計測箇所に巻きつけます。ここできつく巻いたり、ゆるく巻いてしまうと正確に測ることができませんので注意してください。指の「一番太い部分」は指の第2関節あたりになるかと思います。
  3. 糸を1周巻いて、糸が重なる部分にマジックで2本とも印をつけます。こうすることで、糸を伸ばした時に、2ヶ所にマジックでつけた印が付くことになります。
  4. 印と印の間をモノサシで測ります。測りましたら後は、リングサイズ対応表を見て、リングサイズを確認するだけです。
サイズ表

サイズ表

 

以上が手順となります。難しいことはありませんので、しっかりと測りましょう。

この方法で計測する場合は、力加減一つでサイズに大きく誤差が出ることを忘れないでください。

力を入れすぎすとサイズは小さくなり、ゆるくすると大きなサイズとなってしまいます。

正確なサイズから2号以上の誤差が出てしまうこともありますので、細心の注意をして計測をするようにしましょう。

指輪のプレゼントってどんな時にするの?

そもそも指輪のプレゼントはどういう時にするのでしょうか。
実は、指輪には用途によって種類が3つあるのです

 

1つ目「婚約指輪」です。皆様もご存じかとは思いますが、婚約をするときに、男性から愛する女性に向けて贈られる指輪ですね。

英語ではエンゲージリングと呼ばれます。

そして2つ目「結婚指輪」です。ウェディングリングとも呼ばれるこの指輪は、結婚の証として男女で交換をして、普段から身に付ける指輪です。

日本では左手の薬指に付けることが一般的ですが、国や宗教によって異なることがありますので、右手の薬指にはめることもあります。

ちなみに「給料の3ヶ月分」の指輪を贈るということを聴いたことがあるかもしれません。、これは1970年代にとある業者が考えたキャッチコピーで、実際の結婚指輪の値段は30万円台が平均値ですので、3ヶ月分になるともっと金額が上になりそうですが。

3つ目「寡婦指輪」(かふゆびわ)です。未亡人が身に付ける指輪ですが、あまり一般的になっていません。

 

この用に3種類の指輪があります。クリスマスプレゼントや、誕生日プレゼントで贈る指輪はどれになるのでしょうか。この中から選ぶのであれば「婚約指輪」となります。愛する恋人に贈る指輪ですから、気軽にプレゼントする様なものではありません。プレゼントする際は「婚約」を意識して行うべきだと私は思います。

指輪はどの指につければ良いのでしょうか?

普段から何気なく指輪をつけている方も多いかと思います。

デザインやコーディネイトなどで、どの指に付けるかを決めている場合もありますが、各指それぞれに意味を持っています。

また左右どちらに付けるかにも意味があります。基本的には左手に付けるほうが良いようです。

それは、左手は「服従と信頼」を表すと言われているからです。

逆に右手は「権力と権威」です。

これらは古くから言われていることですので、そこまで深く考えることでは無いかと思いますが、左手に指輪を付けることで、外的なストレスから守られるのだとか。

ここでは、それぞれどの指がどんな意味を持つか紹介させていただきます。

 

→小指(a little finger)

小指に付ける指輪はピンキーリング」(pinky ring)と呼ばれています。

ピンキーは英語で「小指」の意味で、古くから「チャンスや秘密」を象徴すると伝えられています。

ですので、恋人が欲しい人や、自分の魅力をもっと引き出したい人がつけると良いようです。そして、右手の小指と左手の小指では意味が変わってくるとも伝えられています。
右手につける意味は、表現力を豊かにする、自己アピールをする時につけると良いとされています。誕生石や星座石、お守りの意味を持つダイヤモンドなどの指輪にはとてもピッタリです。

左手につける意味は、成功へ向けて変化を求める、どうしてもかなえたい願いがあるという時につけると良いとされています。恋人がほしい時、片思いの人に愛を伝える際につけていると良いかもしれませんね。

→薬指(the ring finger)

薬指につける指輪はアニバーサリーリング」(anniversary ring)と呼ばれています。

薬指は、神への聖なる誓いとして命に一番近い指とされ、血管が直接心臓につながっているとされていました。

そして薬指には10本の指のうち一番動きが少ないため、大切な指輪を落としにくいという実用的な意味もあり、結婚指輪や婚約指輪をする指となっているのです。
そして薬指に指輪をつけると、適度に肌が圧迫され、ツボを刺激し健康に良いともされています。指輪も薬指にしていると心がとても落ち着くのです。

→中指(the middle finger)

中指につける指輪はリトルフィンガーリング」(Little finger ring)と呼ばれています。

中指は、直感やひらめきなど創造性を象徴すると言われ、仕事運が良くなったり、勝負事に強くなるなどの効果を期待する方がつけると良いようです。インスピレーションのわく指ですので、創造的なお仕事をする際に大切な指となるでしょう。

行動力を高めるということも言われていますので、中指に指輪を付けた方は、とても魅力的になり、そしてすてきな異性を惹きつけると言われています。

→人差し指(an index finger)

人差し指につける指輪はインデックスリング」(Index ring)と呼ばれています。

人差し指は、活動的になる意味を持っており、常に上を目指そうとする方が主に付けると良いようです。

リーダーシップを取りたい方、また恋人を常にエスコートしていきたい方にも向いている指ですね。

また集中力や行動力をアップさせるとも言われ、ポジティブな発想をしやすく、人間性を向上させるという意味もあるようです。

→親指(the thumb)

親指に付ける指輪はサムリング」(Thumb ring)と呼ばれています。

サムは英語で親指の意味です。この指に付ける指輪は、実は古代ローマ時代から存在しており、弓をひくときに指を痛めないように指輪で指を保護していたことが、親指に指輪をつける始まりとされています。

また、婚約指輪以外は、すべてここに指輪を付けると、あらゆる望みがかなうとされていたようです。何だか怖く、魅力的な指ですね。

指それぞれで付ける意味がだいぶ変わってきますね。

愛する恋人に思いを伝える指輪ですから、付ける指にも気をつけなくてはなりません。
指それぞれに付ける指輪の意味はこれでご理解していただけたかと思います。

では右手と左手のどちらに付けるほうが良いのでしょうか。実は右手と左手ではまた意味が少し変わるのです。

右手の指に指輪を付ける時の意味とは何でしょうか?

右手の指に指輪を付ける場合、どのような意味があるのでしょうか。ここではそれぞれの指についてご紹介させていただきます。

→右手小指に付ける場合

自分の魅力を存分に発揮させてくれるという意味があります。

すてきな異性と出会った時、自分の魅力を存分に知ってもらいたい時など、右手小指に指輪を付けると効果があるかもしれません。

→右手薬指に付ける場合

心を落ち着かせ、安心感を高めるという意味があります。

上がり症で緊張しやすく、リラックス効果を求めるときには、右手薬指に指輪を付けると良いとされています。また、自分らしさを出すという意味も持っています。

→右手中指に付ける場合

行動力や直感力が高まり、ここぞという時の迅速さを発揮させるという意味を持っています。

テキパキと行動したい時、重要な決断を迫られている時などに右手中指に指輪を付けると、変わっていけるかもしれません。

→右手人差し指に付ける場合

集中力や行動力が高まり、リーダーシップが高まるという意味を持ちます。

例えば仕事で自分に部下ができた時、グループのリーダーとなった時など人を指導する立場になった時に、右手人差し指に指輪を付けると良いかもしれません。

→右手親指に付ける場合

指導力の向上や権威、行動力などを持続させるという力強い意味を持ちます。

常に強い志を持ち続けたい方に付けると良いとされています。

左手の指に指輪を付ける時の意味とは何でしょうか?

続いては左手の指に指輪をつける意味のご紹介です。

左手に指輪をつけると聞くと、恋愛や婚約などのイメージを持たれる方も居るかと思います。具体的にはどのような意味があるのでしょうか。

 

→左手小指につける場合

愛情が深まるという意味を持ちます。

またチャンスが訪れるという意味もありますので、出会いを求めるときに付けると良いとされています。

→左手薬指につける場合

この指につける指輪は御存知の通り、「婚約指輪」、「結婚指輪」ですね。

意味はもちろん 愛や幸せです。愛する恋人に思いを伝えるためにプレゼントする指輪ですので、付ける指は左手の薬指が良いでしょう。

前でも話しましたが、心臓とつながっているとされているので、愛が欲しい方でも付けることがあるようです。

他の方から見れば、愛する人が居る証として見られますので、出会いを求める方が指輪を付ける指ではなさそうです。私も薬指には指輪を付けていませんが…

いつか付けることが出来る日が来て欲しいです…!

→左手中指につける場合

この指に付ける意味は、場の状況を素早く察する力を持たせてくれる意味があるようです。

人の気持ちにもすぐ気づくことができるというので、人間関係に悩んだ時、周囲の人達や友人との関係をより良くしたい場合には、左手中指に指輪を付けると、さらに人間関係が良くなるかもしれません。

→左手人差し指につける場合

この指に付ければ、積極性を高め、願望を行動に移す意味があります。

例えば、自分の中でやりたいことがあるのに考えるだけで行動に移せないという時、左手人差し指に指輪を付けると、指輪の力で背中を押してくれるかもしれません。

→左手親指に付ける場合

意志や愛を貫くといった意味を持つ左手親指には、根気強く何かに向かってひたすら走りたい時に指輪を付けると良いかもしれません。

大きな目標を持った時、望みを実現させたいなどの時にはいいですね。

いかがでしたでしょうか。10本ある指にそれぞれ指輪を付ける時、さまざまな意味を持っていることがわかりますね。

もし自分で指輪を買って、全部の指に指輪を付ければそれぞれの意味が身に付くのかもしれませんが、それぞれ効果が分散してしまうかもしれません。

自分の中で気持ちを入れ替えたい、そんな時にそれぞれの状況にあった指に、指輪をつけることをオススメいたします。

 


…ここまで長く説明をしてきましたが

各指に指輪をつける意味が分かれば、友人や、仕事場の同期、上司が指輪をつけていたとして、どんな理由で付けているか分かってしまいますね。

今回は主に男性の方が愛する女性に贈るものとして指輪を紹介させていただいてますが、女性から男性に指輪をプレゼントしても全然良いことだと私は思います。

気持ちを伝えたくなったら逆にプレゼントをして、思いを伝えましょう。失敗は恐れてはいけません。行動した後悔より、行動をしなかった後悔の方が強いのです。

行動をした後の後悔は、成功しても失敗してもちゃんと学ぶことができています。ですが行動をしなかった後の後悔は、後悔しか残りません。

好きな人に告白をした後悔より、告白をしなかった後悔のほうが大きいのです。たとえ振られても、必ず経験が残ります。しかし告白という行動をしなければ、付き合えるチャンスはゼロに等しく、経験もゼロとなってしまいます。

私にも過去、好きな人に告白をして振られてしまったことがあります。ですがあの時思いをちゃんと伝えられてよかったと思います。自分の人生を変えたい、そんな思いで告白したあの時はとても良い思い出となっています。

…と、少し話が脱線してしまいました。指輪の魅力について紹介させていただくつもりが、恋愛のことで自分の感情が筆にのり、私の過去を書いてしまいました。
ですが少なくとも、この記事を読んでいただいてる方は、愛する人に思いを伝えようとしている方がほとんどかと思っております。

思いを伝えるタイミングや時期も重要ですが、私は思いを伝えたいと思った時に伝えるのが一番良いことかと考えています。

どうせ行動するなら、思い切って行動してしまいましょう。
それがカッコイイ人の生き方ですから。